想いを絆ぐ事業の始まり

弊社代表 脇田は幼少時代、母子家庭で育ち、母一人が頑張って働いてもとても裕福とはいえない貧乏な家庭でした。

給料日前は、まともな食材もお金も本当になく財布をいくら眺めてもお金が増えるはずもありません。

そんな時、母の財布に唯一あったお祝いで頂いた「500円の図書券」

 

図書券

 

「これを現金にできたら子どもたちに少しは食べさせられる」

母は意を決して本屋さんにお願いしようと思いました。

「この図書券を買い取っていただけませんか?」

 

本当は本屋さんはそんなことしてくれません。
僕たち兄弟を見て事情を察した本屋さんは、快く現金に換えてくださいました。
その本屋さんのおかげで図書券が現金になり、食べ物を買って、生命を絆ぐことができました。

当時、「物を売る」「質に入れる」などは、まだまだ恥ずかしいと思われていた時代。
手元のモノや図書券では、おなか一杯になりません。

そのときの人の温かさに対する感謝の想いが忘れられず、

「気軽に物をお金に換えるシステム」

があれば人の役にたてるのではと想い代表が25歳のとき、創業いたしました。

家族

想いを絆ぐ事業への転換

「自分がしていただいたことを誰かにお返ししたい」

最初はその気持ちだけでしたが、そんな恩送りの精神を根底に事業を行うにつれ「ヒト・モノ・コト」にある様々な「ストーリー」「想い」の大切さに気づきました。

 

ヒトにはモノが必要なときもあれば、モノではなく現金が必要なときもある。

はたまた、モノや想いを次世代に残したいときもある。

 

そこから、我々の事業は、ただの物品売買やお金だけに価値をおく事業ではなく時空も超え様々な方々の想いを絆いでお役立ちしていく

「絆想業(ばんそうぎょう)」

だと、事業への想いを再定義しました。

BANSOという名にはそんな想いが込められています。

 

BANSO

子どもたちの「みらい」を絆ぎ、夢の舞台を共創しませんか?

子どもたちの夢を大切にするために、ご協力をお願い致します。
寄付以外のことに関してもお気軽にご相談ください。

問合せフォーム

LINEで問合せ

0120-103-202